音程感


うーん、難しい。


「高いよ」「低いよ」

って言っても判らない人には判らない。

判らない人はプレイバックを聞かせても判らない。よしんばプレイバックを聞いて判っても遅い。だってプレイバックだもの。


高い低いが演奏中分かってる人の音と分かってない人の音は、隣で聞いてると直ぐ分かる。分かってる人は演奏中も絶えず何処かに合わそうとしていて、かつ安定している。

分かってない人は絶えず虚ろな音程で、ちょっとした長い音でも変化して行っちゃう。それも多分判ってない。それが変だと思っていればそんな演奏はしないから。


演奏中「あれ?変くね?」

って思えれば「上げてみるか」「下げてみるか」で「あ、そうかぁ」って段々判ってくる。試行錯誤。だからパートは固定で本当は行きたい。誰しもが完璧な音程は持っていない。自分自身もそう。


では、どうすれば演奏中「変くね?」と思えるようになるか。

ある基準の音、ピアノでも何でもいい、その音に対して自分の音が高いか低いか、が判別できる能力が絶対必要。

チューナーなんか見ずに何かの音をピアノで弾いてもらって、同じ音を歌う・吹く。で、高いか低いかを自分で言う。ピアノ弾いてる人はチューナー見てもいいから、高いか低いかの正解を言う。

出来れば「どのくらい」高いのか低いのか言うようにする。これを繰り返すうちに段々判ってくることが多いようだ。


また、ある音に対して、せめて三度、四度くらいの上下の音程が歌えて吹ける能力も必要。

長三度上、ってことは引っ繰り返せば短六度下。短三度上ってことは、引っ繰り返せば長六度下、なので長短三度が取れれば何となく取れる。

四度上ってことは五度下、五度上ってことは四度下。なのでコレも同じ。


後は、ナンチャラ7のコードが鳴ってる時にIIIの音が取れる(歌える)か?Vの音が取れる(歌える)か?VIIの音が取れる(歌える)か?てのも凄く大事。和声感ってことになるんだろうけど。

誰かに何7を弾いてるか言わないで弾いてもらってIII当てクイズとかすればイイ。チョッとした時間に誰でも出来ると思う。


楽器を始めて数年、くらいの人は音を出すことだけで精一杯。

そんな人に判れ、と言っても無理で、先ずはシッカリと楽器を「鳴らす」感覚を身につけたほうが早く大体の音程に近づく。


けれども十年選手であれば、もう一歩先へ行きたい。




 © WAO 2012