Blog

楽器の設計

色々な設計者の話や、実際に工場レベルで色々やってみた経験上、どうも「ココを何mmこうすれば音程は必ずこうなる」みたいなコトは定義付けられない楽器のようです。あ、金管楽器の話しです。

そりゃ、もちろん僕なんかがアーダコーダ言ったところで何の説得力も確証もありません。

でも、恐らくは世の音響学やら物理学に長けた人達が挑んでは結論が出てないのが現状ではないでしょうかね?

大体、コンディション1つで音程なんてコロコロ変わりませんか?

上行音形と下行音形で音程違くないですか?

アルペジオでFmaj吹いたときのCとDm7吹いたときのCとかも違う感じになりません?

「この楽器(のセッティング)はココが必ず低い」とかっていうのも大体でしかなく、ハッキリとは決めにくい。


だからある程度同じ楽器なりマウスピースなりでずっと吹いて、その曲その楽器の癖を身体に染み込ませて初めて音程良くなって来ると思うんです。

それに吹いている本人がオンチだったら、どんなに理想的な楽器と練習方法をしていたところで、なんら音程は変わらないです。


歌と一緒。




 © WAO 2012