Blog

諸々思うに


で、無いアタマで諸々思いました。

ビジネスにならないからか、トランペットの実際の発音原理を科学の目でちゃんと定義されてるものをあまりみません。


マウスピースが深くなったりVカップになったりすると高次倍音が減って暗い音に、浅くなったりUカップになると高次倍音が増えて明るい音になる。これは事実。

その辺も科学の目から見たら、どういう説明になるんだろう?


色々考えだすと、本当に難しくて、感覚だけで何十年も吹いてきた僕には、とてもじゃないけど解明不可能。


ある程度「こうかもしんない」ってマトメが出来るまで死んでも死にきれんす!(笑)



思考回路


言葉遊びみたいなもんでしかないんですが・・・


音楽を演奏しようと思ったら、

失敗→反省→成功!

みたいな単純なものじゃないな、といつも思うのです。


「単純にデモ音源通りの演奏をしよう」みたいな考えも、もう少しだけ待って考えると、より良い演奏が出来るんじゃないかな?と思うことが。


「〜さん(ビッグネーム)はそう言ってた」ということに固執しすぎることも、少しだけ振り返って考えると、もっと楽しい。「言ってた(言われた)」ときと今と全く同じ音を出している訳はなく、条件(曲)も編成も、自分自身も変わってると思うんです。参考にはすべきことですが、固執してしまうと私はアンマ楽しくないです。


いずれにせよ、楽器から音を出す事自体はそう難しいことではないんだけど、「チョット待てよ」振り返る瞬間がないと、結局、出てくる音楽も一本調子になりがちな気がしてなりません。


救世主


音楽っていうか楽器のお話ですが・・・


「我こそはあなたを救える唯一無二の存在なのです。他は否定しなさい。そうじゃなければアナタは下手になる。吹けなくなる!」

「こんな楽器(マウスピース)を使ってたら下手になる(以下同じ)」


みたいな主張をする方がチラホラ。「吹けなくなる」と脅して「他を否定しなさい」と言ってるようにも取れるんです、どうしても。

まぁ、それを信じるも信じないも自由なのですが、一応、「そういう構造」なんだ、と分かって信じて頂けると助かるなぁ、と思いました。


多くのアンサンブルで異質な音だったりするので、なんとなく違和感があるんです。それも分かって頂いた上で信じていただきたい、と思いました。


また、私は、その救世主の言うところの「他」であることも。


一目惚れ


とは言え、一目惚れみたいなものは、楽器にしろマウスピースにしろ、やっぱりあって「弘法筆を選ばず」みたいな感じにまで達観出来ないのも事実でして。

13A4と同じような傾向で、もう少し自由に吹ける感じってあんのかな?とか思ってたら、たまたま吹いたBob Reevesのチャック・フィンドレー モデル。13A4は少し浅すぎるのか、低域のタンギングがヘタレになる時を感じてて。

ビズッティとか浅いのにクラシックも何でも吹けるじゃないですか?あれ不思議だなー。

リムはワイド&フラットでエッジが立ってないほうが好きで、写真を見てたらなんとなく「ぽいなー」とは思ってたんです。

BobReevesCF12degCup

写真にあるみたいにエッジの下の「カップの崖」が垂直に近いような感じでMonetteで言う「SLAP」に近いかも知れません・・・いや、よく分からんのですが・・・

まぁ、とにかく吹いてみたら13A4に似たような傾向で、息が自由に入る好きな感じと、浅いカップなのにスラビッシュ・ファンタジーもそのまんまBach 3Cとホボ違和感なく吹けたんですね。

でも、通常ラインナップなので無くなることも無いと思うし、もう何度か通って吹いて、それでも気に入ったら買おうかと思います。


結構、慎重派(笑)




楽器とかマウスピースとか


曲がりなりにも楽器や音楽でご飯食べているのですが、

「誰それが何々の楽器で、この時はこのマウスピースを使って云々・・・」

みたいなことは、あんまり詳しくないんです。


この2年くらいフルバンドではシルキー13A4っていうの使ってるんですが、どんな有名プレイヤーが同じの使ってるかとかも全然知りません。何となく調べるとMike Vaxとかがそうなのかな?でも、それ以上は分かんない(汗)

こんなページで一覧もありますが、あんまり執着してないかもです。

img1 47906


ただ、

「直径の大小でこんな感じ」
「カップの浅い深いでこんな感じ」
「カップ形状がこうだとこんな感じ」
「リム厚みとか形でこんな感じ」
「スロートの大小でこんな感じ」
「バックボアの広い狭いでこんな感じ」

っていうのは明確に分かります。

で、大体自分の欲しいマウスピースのタイプは、あれがコーで、これがアーで、って言うのは割りとハッキリしてます。


それと、

「誰それが使ってるから良いマウスピースな筈だ」
「誰それが、こういう方が良いって言ってた」

みたいなことにも、あんまり関心や執着がありません。情報としては勿論ある程度持っているつもりではありますが・・・同じ音出ないし・・・


第一、人の意見に左右されすぎてタイプが違うものばっかり使っていたら地に足が付かない感じで練習にならなくないですかね?

スケート選手の靴みたいな感じ?

「この間この音がコモッてたから浅くしよう」「この間この高音外したから小さくしよう」「この間・・・」「この間・・・・」

キリがなくないですか?(^_^;


マウスピース選びに膨大な時間やお金を費やすんだったら、ある程度範囲を決めて沢山練習してたほうが僕自身はイイです。

マウスピースを変えて劇的に音が良くなるはずだ!とか、劇的に上手くなるかもしれない!・・・とか期待値が高すぎるとナンダカナ、て思います。


ジャンルや要求されている音によって深さ(だけ)を変えることはありますが、普段のBb, C管では滅多にマウスピースの傾向は変えないですねぇ。





 © WAO 2012